育児・家事

【洗濯機】縦型orドラム式の性能・光熱費比較 共働きの私がドラム式を選んだポイント 

ハム助くん
ハム助くん
もうすぐ育休復帰だけれど、結局洗濯機は縦型かドラム式どっちを買うの?
ぱる
ぱる
悩みに悩んで、ドラム式を買うことにしたよ!!

今まで我が家は縦型洗濯機+天日干し(時々浴室乾燥)でした。しかし

  • 2人目が生まれて家事育児にかかる時間が増えた
  • 保育園の洗濯物が多い
  • 共働きで育休復帰予定

2人目育児+共働きなので、育休明けの生活が心配に……。ちょうど今まで使っていた洗濯機が古くなったタイミングだった為、

ぱる
ぱる
ドラム式を購入し洗濯〜乾燥までして干す手間を無くしたい!

という思いでドラム式洗濯機への買い替えを検討しました。

しかし、ここで悩んだポイントが4つ

  1. 縦型とドラム式の性能の差はどれくらい?
  2. 光熱費の差は?
  3. 高い値段に見合う買い物か?
  4. ライフスタイルに合っているか?

この4つのポイントを検討し、最終的にドラム式洗濯機を選んだ理由を説明していきます。

ぱる
ぱる
少しでも家事を楽にしくてドラム式洗濯機を買おうかな〜って悩んでいる方の参考になれば嬉しいです

性能と値段の比較

性能の差をわかりやすく画像にまとめてみました(ネット調べ)

洗浄力

洗浄力は、ドラム式はたたき洗い・縦型はもみ洗いと、洗い方の違いで差が出るとの意見が多かったです。また、それぞれ得意な汚れがありました。

得意な汚れの違い

  • ドラム式(たたき洗い):少ない水で洗剤を溶かすので、泡の濃度が高まり、皮脂汚れに効果を発揮しやすい。
  • 縦型(もみ洗い):洗濯物同士を擦り合わせて洗うので、泥や固形汚れに効果を発揮しやすい。

最近の洗濯機は性能が上がってきているため、洗浄力もそれほど差がないとの情報もありました。こちらパナソニックのHPでは検証動画で「洗浄力は同等」との結論を出していますね。

ハム助くん
ハム助くん
洗浄力に差があるとしても普段使いする程度では気にならない違いってことかな

乾燥

ドラム式(ヒートポンプ式)の方が、空気を含ませて風を当てるので乾かしやすいようです。縦型(ヒーター式)は乾燥が苦手なようです。

また、ドラム式の方が省エネに乾燥ができて、光熱費が安いです。

ぱる
ぱる
乾燥機能をよく使うなら断然ドラム式だね

衣類の傷みやすさ

やっぱり衣類は長持ちして欲しいですよね。すぐ傷んでしまったら買い替えの費用が嵩んでしまします。

洗濯時・乾燥時の傷みやすさ

ドラム式

  • 洗濯:摩擦が起きにくく衣類が絡まりにくいので傷みにくい。
  • 乾燥:低い温度で乾燥するので傷み・縮みが少ない。

縦型

  • 洗濯:摩擦でもみ洗いするので、絡まりやすく傷みやすい。
  • 乾燥:高温のドライヤーで乾かすようなものなので傷み・縮みやすい。
ぱる
ぱる
洗濯・乾燥ともにドラム式の方が痛みにくいようです

光熱費の比較

光熱費も比較してみました。(SHARPのESーG112とEPーPW11Dで比較)

ハム助くん
ハム助くん
洗濯・乾燥ともドラム式の方が光熱費が安く済むね

洗濯容量は何キロ必要?

これはSHARPのパンフレットですが、1人1.5キロを目安に考えるといいみたいです。

うちは4人家族なので6キロ。まとめ洗いやシーツの洗濯を考えると8キロ以上がおすすめのようです。

実際購入したのは洗濯11キロ乾燥6キロの容量のもので、大きめを買ってちょうどよかったなと思っています。

本当にドラム式を買っていいの?考えるべきことは

これまでに性能面・光熱費面を比較し、

ぱる
ぱる
やっぱりドラム式がいいなぁ〜

と思いました。

次に、ドラム式は自分のライフスタイルに合うのか、高い価格に見合う買い物なのかを検討しました。

1.乾燥機能は必要?

「洗濯物干しが特に苦痛ではない」という人は縦型でいいと思います。安いし。

  • 洗濯物を干すのがすごくめんどくさい
  • 干す時間を他のことをする時間に使いたい

と思う人はドラム式でいいが思います。私は家事が苦手だし干す時間があれば少しでもスマホをいじったり子供の世話をしたいと思いました。

ぱる
ぱる
できるだけ動きたくない。干す分のエネルギー消費も抑えたい

2.洗浄力はどのくらい必要?

仕事上の汚れや、子供が部活などでドロドロに汚してくるという場合は、ドロドロ汚れが得意な縦型の方がいいでしょう。

私の子供は保育園ですが、保育園レベルの汚れならドラム式でも気にならない程度に汚れが落ちています。

ぱる
ぱる
汚れがひどい仕事でもないし、子供もまだ激しい汚し方はしないな

3.値段に見合う買い物か?

洗濯機の寿命は6〜8年と言われています。ドラム式の場合は値段が20万〜と高価。

仮に25万・寿命が7年とすると、3.6万円/年かかります。

この価格を出してもいいほど、ドラム式の機能が欲しいのかよく考えた方がいいですね。

ぱる
ぱる
正直きついけど、それでもドラム式がいいなぁ

まとめ

  • 性能と光熱費を比較しドラム式の方がいい
  • 時短家事のために乾燥機能を重視している
  • 値段が高くても欲しい機能である

と総合的に考えて、私はドラム式洗濯機を購入しました。高かったけれど、やっぱり乾燥機能がすご〜く便利なので買ってよかったです。

子供が小さいときは乾燥機能を重視してドラム式がおすすめですね。

  1. 性能の比較
  2. 光熱費の比較
  3. 自分のライフスタイルに合ったいるか
  4. 値段に見合う買い物か

をよく考えて購入を検討してみてくださいね。

ちなみに購入したドラム式洗濯機はこちらです。

 

ぱる
ぱる
ここまで読んでいただきありがとうございました♪ツイッターの(@paruparu_mama)もお願いします