家計

育休明け・時短勤務で給料が以前より下がったら:申請しないと損な2つの制度

こんにちは、ぱるです。

私は第1子育休明けから時短で働いているのですが、育休前と比べて収入がグンと減ってしましました。(約5万くらい……)

時短勤務で働き、給与が下がることで以下の問題が起きました。

①給料は下がったのに、以前の高い給与で計算された社会保険料が高いまま

②給料が下がったので、将来もらえる厚生年金も減った

しょうがないことだと諦めてはいけません。育休明けで給料が以前より下がった3歳未満の子を育てるママに、特例制度が2つあるのです!

①社会保険料を安くしてくれる制度 : 育児休業等終了時報酬月額変更届

②将来もらえる年金を減らさない制度: 養育期間の従前標準報酬月額のみなし措置

しかもこの制度、自ら申告して申請しないといけません。会社の方から声をかけてもらえることは少ないので、なかなか知られていない制度なんです。

やらないと絶対損なので、会社の事務に確認しながら申請しましょう!!

社会保険料を安くしてくれる制度:育児休業等終了時報酬月額変更届

ぱる
ぱる
育休明けで給料は下がったのに、社会保険料が高いままでツライ!
ハム助くん
ハム助くん
社会保険料の改定の時期を早めてくれる制度があるよ

社会保険料の決まり方

社会保険料とは、厚生年金保険料・健康保険料・介護保険料などのことをいいます。

社会保険料は標準報酬月額に基づいて計算されています。通常年1回改定されます。

その年の4月・5月・6月の3ヶ月間の給与等(通勤手当を含む)の平均に基づいて決定されます。算出された標準報酬月額は、その年の9月から翌年の8月まで1年間適用されます。

産休育休終了時は、休業以前の給料で計算されます。9月の改定まで、給料は低いのに取られる社会保険料は多くて苦しい!という事態になります。

そんな時に、9月の改定を待っているのはなかなか苦しいですよね。

改定の時期を待たずに保険料を安くしてくれる

休業終了後3ヶ月の報酬の月平均額から算出した報酬月額が、休業前と比べて1等級以上差が発生する場合には、「健康保険・厚生年金保険育児休業等終了時報酬月額変更届」の提出により標準報酬月額の変更が可能です。

3/9まで育休、3/10に職場復帰した場合の例です。

本来なら、育休前の給料で計算された高い社会保険料を、9月の定時改定まで払わなければなりません。しかしこの制度を使えば、9月を待たなくても、随時改定で社会保険料を安くすることができます。

日本年金基金によると「育児休業終了日の翌日が属する月以後3か月間に受けた報酬の平均額に基づき、4か月目の標準報酬月額から改定することができます。」なので

育児休業の翌日(3/10)が属する月→3月

育児休業の翌日が属する月以降3ヶ月→3月4月5月

育児休業の翌日が属する月から4ヶ月目→6月

ということになります。

ぱる
ぱる
4ヶ月目までは待たないといけないけど、ちょっと改定までの期間が短くなったね

ちなみに

随時改定が1~6月にされた場合→その年の8月まで適応

随時改定が7~12月にされた場合→翌年の8月まで適用

となります。

復帰した月の支払基礎日数(給与計算の対象となる日数)が17日未満であれば、その復帰した月は含めずに計算されます。3月の支払い基礎日数が17日未満の場合は、3月は含めず4月・5月の給料の平均から算定されます。

通常月給制は日曜日などの休日も含めた暦日数のようですが、支払基礎日数の計算は月給制や日給制などで異なるようなので、会社に確認しましょう。

将来もらえる年金を減らさない制度:養育期間の従前標準報酬月額のみなし措置

ぱる
ぱる
給料が安くなり、社会保険料も安くなった。……でも、将来のもらえる年金も少なくなったね
ハム助くん
ハム助くん
給料が安くなっても、育休をとる前の高い給料の水準で、厚生年金を払っていることになる制度があるよ

3歳未満の子を養育し、育休前より給料が下がったら申請できる

3歳未満の子を育てながら働いている人の標準報酬月額が、その子を養育することとなる前の標準報酬月額より下がった場合に、養育期間中の報酬低下が将来の年金額に影響しないように、その子を育てることとなった日の前月の標準報酬月額を適用させる制度。

制度の対象者

3歳未満の子を養育しており、養育する前と比べて給料が下がった人

⚫︎妻でも夫でもどちらでも可能

⚫︎給料が下がった理由が時短勤務になったから以外の理由でも可能

制度の対象の期間

開始

子を養育することとなった日

⚫︎実子は生年月日

⚫︎養子は養子縁組の成立の日

終了

当該子が3歳に達した時

当該子以外の子の産休育休が開始した時

当該子を養育しなくなった時

他の3歳に満たない子を養育することとなった時

申請に必要なもの

①戸籍謄(抄)本またが戸籍記載事項証明書

②住民票の写しの原本

申請し忘れていても、2年前まで遡れる

自分はしばらく働いてしまっているからもう遅いって?

2年前まで遡って申請できるので、遅いと思っていても大丈夫かもしれませんよ。

たった数年のことかもしれませんが、ただでさえもらえる年金が少なくなるといわれている世の中、絶対申請しておきましょう。

まとめ

①社会保険料を安くしてくれる制度 : 育児休業等終了時報酬月額変更届

②将来もらえる年金を減らさない制度: 養育期間の従前標準報酬月額のみなし措置

上記の2つのお得な制度を知っておくと、今現在の金銭面だけでなく、将来もらえる年金に大きく関わってきます。

私も時短勤務が始まり、社会保険料の支払いがきつい!と思った時に調べて初めて知った制度です。

申請がめんどくさいから……とやらないのは絶対損です。お得な制度というのは向こうから教えてもらえるものではありません。お金に関するお得な制度を一緒に勉強していきましょう。

今回の制度に関する不明点・詳しいことは、会社の事務や、年金事務所に問い合わせてください。

自分が将来いくら年金がもらえるのか?ねんきん定期便の見方についてはコチラ↓

どれくらいもらえるの!?ねんきん定期便の見方 みなさんはねんきん定期便をちゃんと読んだことがありますか?私は今まで意味がわからず捨てていました。 ...

年金だけではなく、つみたてNISAでも将来に備えています。オススメな理由↓

【投資】つみたてNISAは子育て世代にオススメ!我が家の始めた理由【初心者】 なぜつみたてNISAを始めたのか はじめようと思ったきっかけはこちらの動画です。こちらの両学長の動画シリーズは投資...

 

楽天カード・楽天証券でつみたてNISAをするとポイントも貯まります!