家計・投資

【投資】つみたてNISAは子育て世代にオススメ!我が家の始めた理由【初心者】

ぱる
ぱる
こんにちは、ぱるです。2019年春からつみたてNISAを始めて約1年経ちました
ハム助くん
ハム助くん
我が家のつみたてNISAを始めた理由と、子育て世帯にオススメな理由を紹介するよ
この記事の概要

①なぜつみたてNISAを始めたのか

②子育て世帯や投資初心にオススメな理由

なぜつみたてNISAを始めたのか

はじめようと思ったきっかけはこちらの動画です。こちらの両学長の動画シリーズは投資をはじめ何も知識のない人間がお金の勉強をするには最適な動画です。

 

つみたてNISAの概要

つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です(2018年1月からスタート)。

つみたてNISAの対象商品は、手数料が低水準、頻繁に分配金が支払われないなど、長期・積立・分散投資に適した公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されており、投資初心者をはじめ幅広い年代の方にとって利用しやすい仕組みとなっています。出典:金融庁ホームページ

つみたてNISAという枠で投資信託などの商品を買う制度のことです。年40万円20年間、最大800万円までの投資ができます。つみたてNISA枠で得た利益は、購入した時から数えて20年、課税されません。(普通なら約20%の課税がされます)

投資信託とは

「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債権などに投資・運用する商品」 出典:投資信託協会

ぱる
ぱる
非課税になるってめっちゃお得な制度やん!!この制度を使わない理由はないんじゃない?
ハム助くん
ハム助くん
なにをするにも税金って掛かってくるからね。非課税にできるところはやらないと損だよ

①教育資金・老後資金を作れる

アラサー夫婦なので、まだ若く時間があるという利点を生かしたいと思いました。子供の大学費用と老後資金を合わせて、20年〜30年後に数千万円はあったらいいなぁと考えています。

しかし、ただ銀行に貯金するだけでは金利が安く儲けになりません。現在の普通預金の金利は大体0.001~0.20%です。一方、株式の平均リターンは5%ほどのようです。

こちらは月33,333円/年40万円、20年間で800万円を積み立てた計算です。

左から0.2%  3%  5%で運用した場合の違いです。低く見積もって投資で3%の運用でも、預貯金の0.2%と比べて270万円増加です。5%なら550万円の増加になります。

同じ金額でも、預貯金ではほとんど増えませんが、投資をすれば数百万単位でお金が増える可能性があります。

普通に働いて500万貯めるってめっちゃ大変じゃないですか?💦何年も必死に頑張って働いてようやく貯まる大金ですよね。

もちろん、投資なので元本800万円より減ってしまう可能性があります。なので我が家は、ここ数年〜10年で使う予定のお金は預貯金で確保しながら、投資を行い、お金を増やす方針です。

②投資技術のない素人には手が出しやすい

投資って聞くと、株ならどこかの会社の株を買って、値段の上がり下がりを毎日気にしなければならないようなイメージがありましたよね。

投資信託は、どこの会社の株を買うか?など個別の株を選ぶ必要はありません。プロが厳選し組み合わせた株などに投資するので、初心者にも比較的始めやすいのが魅力です。また、1社だけの株価が暴落しても、他のたくさんの株がそれを補うので損失は少なくて済みます。

またつみたてNISA枠で買える投資信託は、金融庁の定めた基準をクリアしているものだけなので、初心者でも安心して選ぶことができます。

しかも、毎月決まった額を積み立てて購入するメリットとして、ドルコスト平均法があります。値段が低い時も高い時も毎月一定額を購入する方法です。

ドルコスト平均法とは

価格が高いときには少なく、低いときには多く買い付ける方法です。買うタイミングに悩まず、高値で掴んでしまうリスクを減らし、購入価格を安定させることができます。

私は仮想通貨を高値で掴んでしまい、未だに購入価格まで戻っていません。安いときに大量に買えたら一番なのですが、いつが安いか高いかなんて誰にもわかりませんよね。なのでコツコツ一定金額を買い続ける方法で、高値掴みのリスクを減らして行っています。

さらに、投資総額が同じ金額でも、長期間積み立てていく方が、受け取りの額が多くなるんです。複利の効果です。

単利とは:利息を元本に組み入れず、元本のみに対してついていく利息のこと

複利とは:利息を元本に組み入れて、元本と利息の合計に対してついていく利息のこと

下は100万円投資して5%で運用した場合の利回りの図です。

出典:https://www.aeonbank.co.jp/asset/special/150/

単利の場合は、100万円に対してついた利息の5万円を毎年引き出して、運用に組み込みません。毎年5万円ずつ利子がついていき、30年後は250万円になります。

複利の場合は、ついた利息の5万円を引き出さずに元本に組み込みます。すると翌年はその105万円に対して5万2,500円の利子がつきます。それを繰り返すと、30年後には432万円になります。

30年後には182万円の差ができます。

これを長期間続けていけばいくほど、さらに金額に差が出てきます。これが複利の効果です。若いうちから何十年も積み重ねていけば、複利効果で大きな利益得ることができる可能性があります。だから早めのスタートがオススメなんですね。

③毎月少額から投資できる

いやいや、そんな投資に回すお金の余裕なんかない!って方もいますよね。投資といえば大金が必要なイメージですが、月100円からでもできるんです!

つみたてNISAは年40万円、月に3万3000円までの投資が上限ですが、最低金額は金融機関によって異なるようです。楽天証券では、月100円から投資ができます。

途中で金額変更もできるので、最初は少ない金額〜余裕があれば多めに投資も可能です。

うちは今のところ正社員共働きなので上限金額まで投資していますが、今後パートになったり、家計が苦しくなったりしたら減らすことも考えていきます。

④やめたいときにやめられる・引き出せる

つみたてNISAは1度始めたら20年必ず継続しなければならない ということはありません。家計がどうしても苦しくなったらいつでも投資信託を売却できるし、一旦積み立てを中止して放っておくことも可能です。

つみたてNISAは長期間投資する事で利益を得ていく前提なので、数年で辞めてしまうことはできれば避けたいところですが、長い人生どんなことがあるかわかりません。

イデコ(個人型確定拠出年金)は60歳まで引き出せませんが、つみたてNISAは引き出し自由なところがいいですね。

デメリットは?

損をするリスクがある

もちろん投資なので、将来どうなっていくかはわかりません。金融庁がオススメしている商品ばかりとはいえ、元本は保証されていないので値下がりし元本割するリスクがあります。

絶対損したくないけど、お得な制度の恩恵は受けたい!という方なら、イデコ枠で定期預金をするのもオススメです。(60歳まで引き出せないが)所得控除の恩恵を受けることもできます。

数十年後の売却時まで利益がない

投資というと「配当金でうはうは!」というイメージですが、つみたてNISAで買える投資信託は分配金なしのものが多いです。

分配金がない分、代わりにそのお金は投資信託の中で有効活用され、分配金を再投資したことと同じようになり複利効果が効いてくるためです。

なので、実際利益が得られるのは、いつか遠い日に投資信託を売却するその時までありません。毎月せっせと積み立てても儲けの実感は画面上の数字しか実感がありません。

配当金を得たければ別の投資を行うべきということになります。

結論:子育て世帯と投資初心者にオススメな理由

とはいえ、毎月決まった金額が自動で投資されていくのは、時間のない子育て世代にもオススメです。初心者でとりあえず投資をしたいけど、何からすればわからないという方はつみたてNISAから始めてはいかがでしょうか?

・投資をするとお金が増える可能性が広がり、教育費や老後資金の足しになる

・忙しくても、毎日気にする必要がない

・金融庁の定めた基準をクリアした投資信託なので安心

・つみたて投資で高値掴みのリスクを減らすことができる

・早いうちにスタートすると複利効果で利益が増える

・少ない金額から始められ、やめたいときにやめられる

↓私が選んだ銘柄についてはコチラ!

つみたてNISAで選んだ銘柄はコレだ!【米国株・インデックスファンドがオススメな理由】 いざつみたてNISAに投資しようと思っても、どの投資信託をえらべばいいのか・どんな割合で投資したらいいのか迷いませんか? ...

我が家は楽天証券でつみたてNISAを行っています。楽天カード払いだとポイントも貯まってお得ですよ!